お客様の声:ピラティス・スタジオHappy様

丁寧にリードしてもらいながら、納得のいくものができました。

専門用語でせめてきたりしないので、ITに苦手意識がある人に紹介したいですね。

ピラティス・スタジオHappyについて

2023年、東京都新宿区にオープンしたピラティスのパーソナル・トレーニングスタジオ。

完全プライベート環境の中、各々の身体の状態に合わせてつくる「オリジナル・プログラム」のピラティスによって、関節の痛みや身体の不調を改善している。

PILATES STUDIO Happy Webサイト | 取材日時:2023年3月13日

ロゴ・アンド・ウェブに発注した理由

ロゴ・アンド・ウェブにホームページ制作を依頼された経緯を教えてください。

代表の宮田 直美様

まずピラティススタジオをオープンするということで、宣伝素材としてロゴとリーフレットをデザイナーの野口春菜さんに依頼して作りました。
お客さまの信頼度を上げるためにホームページも必要なので、春菜さんに佐藤さんを紹介してもらったんですね。
デザイナーとして信頼できて、いろんなことができる人だと聞いて、佐藤さんとご縁をいただくことになりました。

ホームページを作ってみてどのような感想をお持ちですか?

リーフレットやホームページを作るにあたって、自分が今まで何を学んできたのか、自分と向き合うことができました。

スタートアップしていく上で、何を紙面に、画面に載せていくのか整理することで自分の気持ちも整理できましたし、覚悟も決まってきました。何もない状態で始めるのは避けたかったので、作ってよかったです。

ピラティス・スタジオを始めるんだと人に話すと「ホームページはありますか?」と必ず聞かれます。ホームページがあるのとないのでは全然違います。実際に見てもらうと信用度が上がります。

どれぐらい想いを乗せて作ったかも伝わるので、同業者の人には「いや〜、がんばったね」と言われました。

多分自分でフリーの素材などで作ってるケースも多いと思うのですが、それに比べると違いがあるんですね。できあがったホームページを見て、「私も作り替えたい!」と言う同業者の友人もいました。納得のいくものを作って、本当によかったですね。

私、IT関係が音痴だったので、ロゴ・アンド・ウェブの佐藤さんが丁寧にリードしてもらえてすごく安心でした。制作途中で、確認させてもらえたので安心できました。

「いやぁ、わたしこういうWebとか苦手なんで」っていう方を佐藤さんに預けられればいいなと思ってます。例えばホームページの仕組みがわからないからいやだって逃げちゃう方がけっこう多いんですよね。だからといってこだわりがないわけではないですし。専門用語でせめられたり、一人でやらなければいけないことがあると迷子になってしまうからいやだっていうタイプ、女性にけっこう多いんじゃないかな、機械にダメな人が。そういう方も安心してお願いできると思います。

ピラティス・スタジオの今後について

今後の展望についてお聞かせください

このスタジオを必要としている方に広く届いてはほしいのですが、紹介者必須の限定感のあるスタジオとしてご縁のある方だけが利用できるような、一般とは逆のアプローチ、プロモーションを考えています。まず今、来てくださっている方を大切に、自分ができる100%のセッションをさせていただいて、そういう方々のご紹介で広げていきたい。
わたし一人でやっているスタジオなので急にたくさんの方に申し込まれても対応が難しいんですね。いまのところ、じわりじわり増えているのでいいスタートが切れていると思っています。

ほんとうにピラティスを始めたい、やりたいっていう、ピラティスが必要になった方に来てほしいです。無理強いはしたくない。大きなピラティス・スタジオは人気ですが、プライベートレッスンをしていてもプライベート空間でやっているわけではないんです。大きなフロアを仕切ってやっていたりするんですよ。うちではプライバシーが確保された空間で、利用時間に余裕をもって重ならないようにしていますので、一度来てくださった方はかなり気に入ってくださって。1回のみの利用という方はほぼいませんね、同業者の偵察があったくらい(笑)。
姿勢を直したい、痛みを取りたい、健康でいたい、そういう方で、熱意とご縁のある方に届くといいなと。クチコミとかで広がったり、ネットで探していて出会ったりとか、少しずつ増えてきたらいいかなぁって。

ピラティス・スタジオで、完全なマンツーマン指導で、プライベート空間というのがほかにないうちの特長です。
それもあって利用者の方がよくしゃべってくれるんですね、自分のこととかも。私との距離も近づいてきますので、ほんとうにアット・ホームな感じです。「毎週会ってないと変な感じがする」というくらい来てる方もいます。用事があって来られなくて空いてしまうと「調子が出ないです」って言ってくれたり(笑)。長い付き合いの方は、本当にありがたいですね。

3年後には隠れ家的に身体をよくしてくれる場所としてじわりじわりと広がっていけばいいなと思って。ここで出会った人と人とのつながりができれば。

けっこう遠いところからも来てくださってるんですよ。人が動くっていうのは、距離とか金額とかが問題ではないのかも知れないですね。

この記事がお役に立ちましたら、いいね またはフォローをお願いします!